4/28,29琵琶湖釣行記


お久しぶりです。

28,29日と南湖へ行ってきましたので報告します。



28日(火)は前日までの爆風の影響なのかニゴリ発生でなかなか厳しく、食ってもライトリグだろうということで、師匠と一緒にリアクションを意識した巻物に拘りました。スイムロールのようなスローなローリングアクションではなく、バイブレーションの激しいバイブレーション(ブザービーター)かシャロークランクで最終的に食ってくる状況でした。3Sバイブやラトリンジェッターではリアクション要素が少なく、食ってきても40弱程度でした。カラーローテーションにもキモを発見してなかなかおもしろい一日でした。ザイズ的にはマックス50㎝に48UPは3本、40UPは5本くらいでした。写真を撮ろうと思ったら、カメラの電池を充電したままだったので写真はなし(泣)



次に29日(水)は前日の疲れからか、腕が腱鞘炎になりかけていたので、のんびりバス釣りを楽しみました。今回はスクイッドマサシさんと琵琶湖久しぶりのすってんてんさんと勝負。

朝一は、前日のニゴリ+東風(藻ガリ船が前日バサバサやっていました)だったので本命の下物を捨てて、西岸シャローをハードベイトで流してもらいます。反応はやっぱりイマイチ。午前中は風もなく厳しかったのでまさしさんとライトリグ対決。







結論は…







マッチョ最強で(笑)

さらに、

ダウンショット最強で、

ジグヘッドなどを使っても太刀打ちできませんでした(汗)

とにかくあのおじさんは釣ります。キモを聞くと「ウィードのはずし方とステイ」というなんとも平凡なアンサー。とにかくこの日のマサシさんはめちゃくちゃ集中してウィードを切っていました。コツは本人がブログアップするはずです。この日は、徹底的にエサに見せるか、リアクションかって感じでしたね。まぁライトリグやり始めてすぐに、爆睡状態でしたが…起きていたら勝っていたかもしれません(負け惜しみ)







さてさて昼過ぎから風も出てきたので巻物エリアに移動。水深的にもバイブで…と言っていたら一投目に



すってんてんさんが、ナイスサイズを懐かしいルアーで仕留めています。

その後も、同じくらいのサイズをバイブで追加。







気になっていた東岸北部エリアでプリバスを探すためにスイムロールをひたすら投げますが、ワンバイトのみで…



最後にバスが濃いシャローグラスエリアに勝負をかけます。この日のおさらいでシャロークランクを流していると、

「グッ」と押さえ込むバイト。

前日からの学習(食いが浅くバラシ連発)だったので、ちょいとラインを送ってから合わせると、なかなかいい引きです。



フロリダっぽいメスで

58㎝、3100gでした。



それにしても、ハードベイトは奥が深いです。竿も重要で、今回はBASALT606Mを使用しましたが、実にウィードが切りやすく、ちゃんと仕事してくれる竿でしたね。ではまた琵琶湖で~



Calendar
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
admin

ジークラック GEECRACK

琵琶湖バスフィッシング情報 NeverSummer

NeverSummerGUIDE