琵琶湖釣行記(4/11)


2日間の出張を経て、ただいまパソコンの前に帰着いたしました(汗”)

抜糸は金曜日です。それまではあまり動けませんが…ビワコイキタイ…



さてさて琵琶湖釣行記。

遅くなりましたが、11日の釣行記です。



途中でこんな撮影までするぐらいグダグダでしたが(笑)





詳しい釣行記は、ヤッスー氏とマサシさんの釣行記をご覧下さい。

とにかく、この日も、ヤッスー氏の

巨魚バラシ炸裂

いい加減にしてくださいと懇願しておりました(笑)



今回は、ワタクシにしては珍しく

スピニングで釣る



という目標のもと、

ミドスト

(MID STROLLING)



を頑張りました(爆)



久しぶりに名刀エアリアルまで出陣させてマサシさんをボコボコにしようと目論みましたが、今回は引き分けですかねぇ(笑)





40UPは、飽きない程度にボチボチ釣れましたが、スピニングで釣るとおもしろい!バスってよく引く魚だなぁと改めて思いました。

ちなみに2年ぶりくらいのスピニングフィッシュでした(爆)



今回使ったワームはすべて

project DIVA安井君のハンドポワードワームです。

カラーはプロトのWMシルバーラメ

この時期からアフターまで充分対応できるカラーですし、マテリアルの硬さもいい感じです。



THE DEADLIVE





ただワームを差し込む先端が細いので、今回使ってみたDEPSのジグヘッドではすぐに裂けてしまいます。

ちょいと細軸の鉛部分があるジグヘッドがいいですね。アクション的には、ベイトフィッシュの層を「ドロンドロン」とゆっくり目で泳がすとテールの動きなどいい感じになりますね。わりと深いラインでもちゃんと泳いでくれるイメージを感じましたし、もう少し使ってみて気付いたことを書いてみたいと思います。



今回は北湖→南湖と移動。

南湖でのスピニングでの釣りはいろいろ考えさせてくれましたね。

特にベイトの写り方によって、釣り方を変えるとすぐに反応してくれる。いやぁおもしろかったですわwww

2mレンジを行き来するベイトが写るときは、そのすぐ上をミドスト。

底付近にベイトが写るときは、ダウンショットでステイ&ズル引き。

と単純な釣り方ですが、反応はよかったですよ。



さてさてその南湖ですが、とにかくボートの数はハンパありません。

この時期の土日の釣り方としては、シャローを数多くのボートが行き来しますので、すぐに口を使わなくなります。

意外に毎年いい思いをしているのは、ワンドのど真ん中。

一度試してみてください(ちなみにヤッスー氏はスイムロールで巨大魚をバラシましたが…何か…)



それでは、次回は湖上でF専務に補給してもらったブツについて書きますね



Calendar
<< February 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
admin

ジークラック GEECRACK

琵琶湖バスフィッシング情報 NeverSummer

NeverSummerGUIDE