ジギングのノット


<バス→お刺身ゲット作戦への道②>



さてさて基本タックルを揃えたら、バスマンにとっていろんな壁にぶち当たります。

その一つに

「ノット」

がありますね。



PEラインには基本的にフロロカーボンなどのリーダーを組み合わせます。最近は琵琶湖やシャローのハードカバーを打つ釣りでもPEを使ったゲームが動きつつあるんですがまだまだ広がってはいませんね。PEを使用する海の世界では当たり前なんです。そのリーダーの長さなんですが伊勢湾は10ヒロ(両手を広げた長さが1ヒロ)くらいを取ります。問題はそのリーダーの結び方が難解。。。エギングなんかでもそうなんですが、結構根ズレをおこすのでリーダーがバスでは味わったことがないくらいにズタズタになります。ですのであらゆる場所でシステムを組まなければなりません。その結び方のご紹介をすると



ノーネームノット

これはワタクシがエギングを始めたときに覚えたノットです。まぁそんなに難しくはありません。5回も結べば覚えてしまうノットです。結び目が小さいのでキャスティングゲームに向いていると思います。注意点はリンク先のstep5でラインに巻き付ける方向が逆だとせっかく巻いてきたラインを元にもどしてしまうので注意してください。



②FGノット

これは、ワタクシを海へ引きずりこんだスクイッドさんの紹介リンクをはっておきますが、所長の言うとおりやれば簡単です。上から2番目の特典画像をクリックしてください。



③ボビンノット(PRノット)

これは、比較的太いラインを結ぶときに使っているノットです。最強結束を誇るそうです。ボビンはラバージグを巻くときに使うベースさえあればいいです。ボビンノッター(シャウト)などの結束補助器具がありますが、安いのはPRボビンⅡ(MCワークス)。これで充分です。画像のようにうまく回転すればいいのですが、こんなにうまくはなかなかできません(爆)



注意点は、ボビンの棒の部分にラインを巻き付ける回数を調整すること



僕の場合はPE3号+フロロ50ポンドタックルならば5回がジャスト。そこを基準にして巻き付ける回数を調整してください。ここの調整は慣れるしかないので、自分でいろいろ試してみてください。あとは、

巻き付けの切り返しの地点を指先でしっかり持つこと
が重要です。



ここの切り返しをうまくやると綺麗なPRノットができます。



あとは最後の締め付けに(この瞬間が気持ちいい)バレーヒルのkamiwazaというブランドから出されているデュアルPEスティックを使用しています。ラインブレイカー&ラインシステムの強化という2通りの用途に使える2in1タイプのアルミ製スティック。高耐蝕性・高強度素材の特殊ラバーは必要以上に食い込まずラインを傷めない。ミニは主にシステム強化に。といううたい文句なのだが、何かと便利です。ちょいと高いのでなかなか手が出せません。しかし買ってすぐの釣行で海の藻屑と化すこともあるので、船上で使うときは注意しないといけないですね(笑)まぁ自分でも作れるそうなので作ってもいいのではないでしょうか?



さてこんな感じでノットの壁さえクリヤーすればソルトウォーターフィッシングの最初の壁は開かれました。ぜひ試してみてくださいね。








Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
admin

ジークラック GEECRACK

琵琶湖バスフィッシング情報 NeverSummer

NeverSummerGUIDE