デッドジグ


超お久しぶりです(爆)

仕事の多忙さに拍車がかかり、フラフラな裏Bですが、バリに行く前にブログってみます。



さていよいよ本格的な秋になってきましたが、いかがお過ごしですか?琵琶湖にもなかなか行けない状況が続いていますが、日曜日に目標100匹で頑張ってきます。いつもはデカバスを狙うのが裏Bスタイルなんですが、今度は高校時代の友人がゲストなんで、久しぶりにのんびり釣りをしようと目論んでいます。



さてさて、今日は8月後半から50UPを連発した釣り方について書いてみます。





太いバスをラバージグで釣りたいっ♪って思ってる方は是非やってみてください。



狙っていたエリアは、水深4mより深くて、あまりベイトがまわらないエリア。ターンの影響をあまり受けない、メインチャンネルよりシャロー寄りの場所を何カ所か選択していました。もちろん大切なのは水がきれいなエリアであることも大事な条件です。



使っていたのは、ロックジグ+チガークローのセット。



ロッドはBASALT700H、ラインはBAWOプレミアムプラスの16ポンド



ベイトがあまりまわらないエリアなので、ササバモやカナダモ付近のエビを食っていたバスなのか、エビを食いたいのかわかりませんが、チガーへの反応がバツグンによかったです。



ジグもいろいろ試しました。やっぱり最終的にはロックジグ3/8のようなファットなモデルがササバの上に乗りやすくGOODでした。あまりに細かったりするとウィードの中に入りすぎてしまって食わないことがありました。



アクションにコツがありまして、超デッドスローにズル引きするんです。とにかくターンの始めなんで活性は低い、しかしはでなリアクションでは食い切れない。明らかにデカバスは

静かなリアクション

に反応してましたね。バイトのタイミングがまさにこの静かなリアクションなんですが、バスが食う間を作ってあげるんです。

イメージは、ササバやカナダモを静かに切って5㎝~20㎝フリーで落とす。ここにキモがありました。



ここで難しいのが、静かに切ることができる竿が少ないんです。適当なハリと硬さがロッドに必要なんです。あまりにスローテーパーだと、ジグが「ブン」とたくさん動いてしまう。そうすると食わないんです。違和感なく静かに「ブ…………ッ……」って感じでイメージしてください。そうすると静かにジグが落ちます。このときに、少しでもカーブフォールすると食いませんでした。切ったあとはラインはダラダラにしておくことが大切です。どうしてもアタリをとろうとラインを張ってしまう方がいますが、ターン時などの繊細な時期は厳禁です。完全にフリーで落とすと、フォール後に静かにバスもジグをくわえています。ここでラインを張ると、「グングン」とか「ギュッギュッ」といったバイトが出ます。ここが勝負なんですが、ここからバスとしばらく綱引きをします。そうするとバスはくわえ直したり、もっとひっぱったりしますので、ここで速攻でラインを巻き取り大きく合わせます。だいたいこんな要領でした。



ステイで見せて、静かなフォールでくわす…まとめるとこんな感じでしょうか。



ワタクシが釣ってまわりに船が集まっても、なかなか釣れない方が多かったと思いますが、ちょいと難しい釣りかもしれません。同船者も何人かはバイトまで取りますが、なかなか完全にフックアップできなかったり、食い込ませ不足でバレたりと苦戦してました。しかし練習あるのみです。



底でバスがエサをとってる時には有効な手段だと思いますので是非試してみてください。



Calendar
<< February 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
admin

ジークラック GEECRACK

琵琶湖バスフィッシング情報 NeverSummer

NeverSummerGUIDE