ロックジグ裏Bチューン


では今日はGEECRACKの爆釣ジグでありますROCKJIGの裏Bチューンをお伝えします。

まずはソークするまでの準備です。

パッケージから出すと、たまにスカートがよれている時があります。



余分な部分をソークしても意味がないので



針先から8ミリほど離してハサミで適当に切ります。



こんな感じになります。ソークするとラバーが太く長くなるのでこのくらい短めでもOKです。



これはガードカットの図ですが、カッターで1本ずつ丁寧にカットしていきます。

ガードの本数はササバモエリアは16本を基準にしています。フサモがからんでいるエリアは1/4ozを使った方がいいでしょう。



カット後はこんな感じです。瞬間接着剤を入れておくとより効果的です。



次に長さのカットですが、写真のようにぎゅっとにぎりながら針先と平行に5ミリ上をカットします。



仕上がりはこんな感じになります。あとは使うときに後ろから起こしてあげて、広げてから使います。

ココまででも十分釣れますが、ワタクシはソークしてないと釣れる気がしないので



エコギア汁を染みこませます。



こんな感じで分厚めのビニールにソークオイルを入れてよくなじませます。

5分放置後に取り出します。時間が長すぎると太すぎてゴワゴワになるので、さらっと染みこませるくらいがちょうどいいです。



取り出したら、中性洗剤で洗います。

その後は新聞紙の上に置いたりして乾燥させます。1分おきに手でぴっと水を切ってあげるとラバーが伸びていい感じに渇きます

その後、仕上げのカットをして(少し丸みを出してカットするのがコツ)





色ツヤも出て、ラバーもまっすぐになり

いかにも

釣れそうなジグ

になりました。釣り具って気持ち(confidence)も大切ですもんね。



ぜひお試しください。



Calendar
<< February 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
others
admin

ジークラック GEECRACK

琵琶湖バスフィッシング情報 NeverSummer

NeverSummerGUIDE